2019年の田植え1回目(日本晴)

今日から2019年の田植え開始です。これから6月中旬にかけて育苗~田植えを繰り返します。本日は日本晴という品種の田植えです。

田植えをする日は朝の7時前から準備を始めます。まず、苗をローラーの上を転がしてビニールハウスの外に出します。

それからトラックに積み替えます。この苗箱が意外と重く、1箱で7kgぐらいあります。一日で100枚以上使うので苗の運搬だけでも一苦労です。苗の他に肥料や除草剤を積んで8時までに準備を終えて出発です。

田んぼは田植えの前夜から水を抜いて植えやすい状態にしておきます。

今日は少し山間の田んぼを植えます。田んぼのすぐ裏に山があるような田んぼはイノシシやシカが出るので、後日その対策をする予定です。福井県でイノシシが出始めたのが10年ぐらい前からですが、今だとイノシシの生存北限は東北までいっているのでしょうか。

田植え開始。一年ぶりに使用する田植え機も順調に動いてくれて、特に問題なくいきました。田植はいつも通り一人が田植え機を運転して、もう一人が田植え機の後ろで苗と肥料の補給です。10a(1反)あたり約15分で植えていきます。

午後から少し曇ってきましたが、田植えをしていると田んぼの水面の照り返しでとにかく暑いです。明日からずっと雨みたいですが、次の田植え日は少しは涼しくなっているでしょうか。まだまだ先は長いです。

 

SNSでもご購読できます。

サイト内検索
年度別栽培まとめ