種もみの準備

お米の栽培に使う種子は毎年収穫した中から採種して、次年度の栽培に使用します。普段食べているお米と元は同じものなので、特別なものではありません。

これ全部次年度の栽培で使うコシヒカリの種もみです。買うと何故かものすごく高いので、毎年自家採種したものを使っています。病気などが発生しなければ毎年使い続けても問題はなさそうです。

収穫しただけのモミなので、モミからヒゲみたいなものがくっついていたり、ごみや雑草の種が混じっていたりするのでそれを取り除きます。種子以外のものが混入していると、種蒔き時に邪魔になるのできれいにしておきます。

ミキサーみたいな機械に通すだけなのですぐに終わります。

きれいになりました。自家採種した種もみを使う上で一番心配なのは、冬の間にネズミに食べられてしまわないかということです。この時期になると餌がないのかあちらこちらでネズミを見かけるようになります。

SNSでもご購読できます。

サイト内検索
年度別栽培まとめ