冬の霧

雪の日が続くかと思えば急に暖かくなったりで、降雪と雪解けを繰り返している今年の福井の冬です。昨年と同じような気候だと思います。

先日の暖かさで道路の雪もだいぶん少なくなり、車も通れるくらいにはなってきました。

雪国の田舎だと主要な道路以外は除雪をしないので、農道などは雪が積もるとほぼ通行止めになります。除雪をする道路は早朝3時から6時にかけてブルドーザーが作業をするので、いつもその音で目が覚めます。

公共交通機関がほぼ皆無な田舎なので、何をするにしても車での移動が必須です。そのため道路は毎日通れるようにしてもらわないと、いざという時に困ります。早朝の騒音は仕方のないことです。

この時期になると毎朝霧が出る日が多くなります。

日中は暖かいので雪の水分が蒸発し、翌朝になるとその水分が寒さで霧になって現れます。雪が積もっている地表部に近い部分に濃く現れるのが特徴的です。雨が降っているとこの濃い霧がずーっと消えないので1日中真っ白という日もあります。

ようやく2月も中旬を過ぎました。雪の季節ももうしばらくで終わりです。3月よりまた忙しい日々が始まります。

SNSでもご購読できます。

サイト内検索
年度別栽培まとめ