お米ができるまで

くん炭の作り方


くん炭 まず、ワラや枯草、新聞紙などの燃えやすいものを積み上げて火をつけます。大量に用意しておいたほうが失敗は少ないです。

くん炭 くん炭器をかぶせて、火がついているのを確認して周囲に”よく乾いた”モミガラをかぶせていきます。湿った籾を使うと火がつかなかったり、時間がかかります。

くん炭 くん炭はモミガラに火をつけて燃やすというよりは、煙で燻してモミの水分だけ抜いた状態のものです。完全に燃えてしまうと灰になります。くん炭器に接した面の籾がらに火がつけばあとは自然に中心部から燃え広がります。

くん炭 煙突をつけて、煙突の上位ぐらいまでもみ殻を周囲に積み上げます。

くん炭 青白い煙が勢いよくでていれば問題はありません。煙が白くてモワモワと勢いがない場合だと、モミガラに火がつかなかった可能性があります。その場合はくん炭器を掘り返さないといけないので、最初の燃料材はたっぷり使った方がよいです。

くん炭 最初の30分ぐらいは火の勢いが強いので煙突の周囲から黒くなっていきます。そうしたら周囲のもみ殻を黒くなった部分にかけてやります。しばらくすると火も落ち着いて目を離しても大丈夫になります。

くん炭 積み上げた籾の量にもよりますが、大体2時間ぐらい経つと周囲も黒くなってくるので、下から上に切りかえす感じで黒くなった部分の上に被せていきます。ちょっと表面が黒くなっただけで混ぜてしまうと、せっかくの火が消えてしまうことがあるので写真にあるぐらいまで我慢したほうが仕上がりははやいです。

くん炭 これぐらいになったらもうすぐ出来上がりです。

くん炭 ほぼ真っ黒になったらすぐに水をかけてよく混ぜます。くん炭は水をはじく性質があるので、水をかけただけでは火は消えません。よく混ぜて温度を下げてやらないとすぐに再発火して灰になってしまいます。

くん炭 まだ熱いうちによく広げて、水分を飛ばして完成です。コツをつかむまでは途中で火が消えたり灰にしてしまったりと難しいですが、慣れてくると別の仕事の合間にでもできるようになります。
トップへ戻る