4月の雪

そろそろ桜も咲く頃になってきたのですが、先週末からの寒波で福井県では雪がちらつく毎日です。

積もることはないのですが、育苗期間中なのでこの寒さで苗がダメになってしまわないかが心配です。それにしても寒いです。

ハナエチゼンの次は、日本晴という品種の苗の準備です。「日本晴」はコシヒカリが誕生する前までは全国で栽培されていた品種です。

コシヒカリが誕生すると、こちらの方がおいしいということで、もうほとんど栽培はされなくなりましたが、日本晴の”粘りが少なく粒がしっかりしている”食感は冷凍食品や寿司米などと相性がよく、また、収穫量もコシヒカリと比べてかなり多いので、今でも加工用としての一定の需要があります。生産者としてもコシヒカリのように気難しい品種ではないので、個人的には好きな品種です。

雪が降る中、500枚ほどビニールハウスに並べました。

先日ビニールハウスに並べたハナエチゼンの苗。こんな寒さの中でもしっかりと生長しています。明日は晴れるので、シートをめくって一度陽に当ててやろうと思います。

 

SNSでもご購読できます。

サイト内検索
年度別栽培まとめ