農産物検査へ

お米の表示に関する事項は結構厳しく、勝手に品種を書いて販売すると怒られてしまいます。それはたとえ生産者であっても同じで、農産物検査(等級検査)を受ける必要があります。

検査証のついた袋にお米を詰め、検査場に運びます。検査場でお米の検査を受けて、お米の内容証明の印を押されたら「平成29年度産 福井県産コシヒカリ」が販売可です。それまでは「複数原料米」表示での販売をしないとダメということになっています。

同時にお米の等級の検査もしてくれるので、品質のチェックもできます。

この1等米の印のついた「米袋」には価値があり、中身を空けてどんなお米を詰替えても「平成29年度産 福井県産コシヒカリ」として取引ができてしまいます。悪用厳禁です。

たくさん出来たので、そろそろ1回検査場に運びます。明日3日に帰ってくる予定なので、そしたらコシヒカリの販売開始です。

 

SNSでもご購読できます。

サイト内検索
年度別栽培まとめ