大雨

梅雨が明けたと思っていたら明けていなかったようで、福井県も先日から大雨が降っています。田んぼの様子も心配です。

強い雨は降ることはあるのですが、丸一日ずっと降り続けるというのは珍しいです。この時期の田んぼはまだ水を張る期間なので、大雨も畑ほど心配はないのですが、それでも畔(アゼ:盛り土をした田んぼの堤防)が壊れていないかなど気になります。

田んぼの用水路。大雨で今にも溢れそうになっています。

用水路は田んぼに水を入れるための水路で、田んぼよりも高い所にあります。逆に排水路は田んぼよりも低い場所を通っています。

あぜ道の草を刈った後、水路に入った草の後始末をしていないと、こんな風に詰まって水が田んぼには行ってしまいます。まだこの時期は大丈夫ですが、田んぼを乾かす9月頃にこの状態になると水圧で稲まで倒してしまいます。なので、草を刈ったら水路の掃除も必ずするようにしています。

今年は遅い子育て中のツバメ。親は雨の中でも餌を探してくるのでずぶ濡れになっています。さすがに雨が強くなると休むみたいです。

カラスとスズメが騒いでいたので上を見上げたら猿が電線の上を歩いていました。山の近くでは極まれに見るのですが、家があるところでは初めてです。この雨で山から避難してきたのでしょうか。

SNSでもご購読できます。

サイト内検索
年度別栽培まとめ