台風に備えて

台風に備えて

7月初旬の大雨以来、ずっと晴れの日が続いて田んぼもカラカラになっていましたが、ようやく今回の台風で恵みの雨となりそうです。

だいぶん曇ってきましたが、日中は降らなさそうです。いつもと比べるとだいぶん涼しいのでこういった日は草刈り日和です。気温は30度以上ありますが、日差しが無いだけでも暑さが全く違います。

例年だとこの時期はちょうど梅雨明けの頃で草がものすごいことになっているのですが、今年の7月は雨がほとんど降らなかったので雑草の伸びも悪く、草刈りもだいぶん楽でした。

草を刈ったら側溝の掃除も大切です。大雨が降ると刈った草が水路に詰まって田んぼに水が溢れて入ってしまいます。この時期は田んぼを乾かさないといけないので、田んぼに水が入ってくると困ります。

草を刈っていてちょっと気になったのがこの斑点。イモチ病の病斑です。この病気は稲を枯らしてしまいます。イネ科の雑草から伝染することもあるので、そういった意味でもこまめな草刈りは大切です。

大きい畔下の風通しの悪い場所だと病気が蔓延してしまうことがあります。いもち病は高温には弱いので今年は大丈夫だと思っていたのですが、やっぱり・・・といった感じです。まだ探さないと見つからない程度の病斑ですが、広がらないことを祈るばかりです。

SNSでもご購読できます。

サイト内検索
年度別栽培まとめ