モミ殻の後始末

お米はモミ(玄米+殻)の状態で収穫され、乾燥後に籾すりで玄米とモミ殻に分けられます。ここで問題になるのがモミ殻の後始末です。

玄米についていた籾の殻です。モミの3割が殻で残り7割が玄米になります。3割というと少ないと思われますが、下の写真のようにものすごい量が溜まります。フカフカしています。

 

4mぐらいの高さの山ができます。だいたいみなさん燃やしますが、これが意外と燃えにくく、しかも煙がすごいので処分するのが手間です。ゆっくり何日もかけてじわじわ燃えるので、近くに飛び火して火事になったりすることもあります。

 

モミ殻は中に玄米が詰まっているととにかく硬く、鉄のパイプにも穴を開けます。

乾燥機の排出口に写真のような鉄でできたパイプがあるのですが、ここを通って籾が出ていきます。この時にパイプの内部を傷つけて穴が開きます。

 

何度も鉄板の継ぎはぎをして修復した跡です。

穴が開くと頭の上からモミの雨が降ってきます。

SNSでもご購読できます。

サイト内検索
年度別栽培まとめ